読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TABI RICH

英語を全く話せない男が世界一周旅行しています。 2016/9 世界一周航空券のビジネスクラスを使って出発。 2016/3 ㊗増刷決定「野球の神様がぼくに勇気をくれた365日の言葉」を出版。 連絡先は atlantice358[あっと]gmail.com

世界一周を考えている人達へ。トリップブルーって知ってる?+8/29名古屋旅友会

世界一周を考えている人達へ。トリップブルーって知ってる?+8/29名古屋旅友会

f:id:atlantice358:20160828193727j:plain


世界旅行を準備中の皆さん、

トリップブルーで聞いたことありますか?

私は、ブログ村の世界一周準備ブログを読んでいて、

旅行前にトリップブルーになると聞いておりましたが、

本当かなという思いでした。

しかし、ここ1ヵ月ぐらい

がっつりとトリップブルーになっています( ノД`)シクシク…

何故か?

一番の要因は、準備の大変さです。

準備することが多すぎるのに、何も出来ていない自分との差が大きくて

プレッシャーになりトリップブルーです。

今なんて、出発前にドタバタで用意しております。

今まではツアーばかり行っていたので、

手配も楽でしたし、

旅行雑誌の「るるぶ」を見て楽しんでいれば良かっだけですからね。

しかし、世界一周旅行となると

約1年分の用意をすることが大変なのです。

そして、英語が話せないという不安もあることから、

トリップブルーになりましたね。

最近は、やっと準備がすすんできて、

先が見えてきたので落ち着きました。

1年前のあそに行きたい、ここに行きたいと

呑気に考えている時は、本当に幸せでしたね(笑)。

いざ準備をするとなると本当に大変なので、

これから旅に行かれる方、早めの準備をおすすめします。

トリップブルーになりやすい人はこんな人!?

f:id:atlantice358:20160828193821j:plain


私が思うトリップブルーになりやすい人は

こんな方々だと思います。

・一人旅をする人。

・バックパッカー経験がない人。

・英語が全く話せない人。

・段取りをしっかりと決めて動きたいタイプの人。

 
すべて私が当てはまります。

あまりにも完璧な準備を求めすぎて、

現実に何もすすんでいない状況に凹みます。

楽観的なタイプの人は、「大丈夫さ」と思えるのでしょうけど。

私は、心配性なんでしょうね。

今はやっと「なんとかなるさ」という気持ちになってきました。

下記の方の世界旅行準備は完璧でした。

良かったら参考にしてみてください。

blog.livedoor.jp

8月29日(月)名古屋旅友会


平日の夜に開催されます。

そして名古屋という土地柄、

東京や大阪と比べて、人が集まらないのかと思っておりました。

最初は、こっけーさんと私の都合が合う日で決めていただいたので、

2人だけだろうなと覚悟しておりましたが、

現時点で、8名の参加です。

す、すごい(・□・;)

やるじゃん、名古屋(^O^)

明日、楽しみです。

参加される方、宜しくお願いします。

本日の名言


「年を取るのは悲しいけれど、円熟していくのはすばらしいわ。」
                       by ブリジット・バルドー(女優)


↓いつも応援をありがとうございます。
↓ポチッと押してくれたら嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周準備へ


にほんブログ村

本を出版しました。3月25日(金)


野球の神様がぼくに勇気をくれた365日の言葉 (リンダパブリッシャーズの本)

木村 成 泰文堂 2016-03-23
売り上げランキング : 64497
by ヨメレバ



乗り越えられない壁なんてない。――松井秀喜(ヤンキースGM特別アドバイザー)
絶対に負けてはならない敵は自分自身だ。――上原浩治(ボストン・レッドソックス)

その他、イチロー、大谷翔平、藤浪晋太郎、ダルビッシュ有、前田健太、
田中将大、山田哲人、柳田悠岐、黒田博樹、坂本勇人、野村克也、落合博満など
野球選手や名監督の言葉(名言)が、365個、掲載してあります。
最近、活躍している選手を中心に150名を超える人物が登場します☆

1日1つの言葉を読んでいただいても構いませんし、
自分の好きな言葉を探しながら読んでいただけても嬉しく思います。
必ず、今の自分に必要な言葉が見つかるはずです。
また、読む時期によっては、違う言葉が心に響くはずです。
超一流の野球選手や名監督が語っている言葉なので、
その言葉から学べることが、沢山あるはずなのです。

野球をやっている方、そのご家族の方々、
野球ファン、ビジネスマン等に手に取ってもらえたら幸いに思います。
そして個人的には、小学生、中学生、高校生の皆さんにオススメしたいです。
小さい時から良い言葉にたくさん触れる事は、
素晴らしい人間になる近道です。